ギャンブルはただ例としてのひとつ

免責不許可事由という言葉は自己破産を申請した人を対象として次のような要件に該当するときはお金の帳消しを認めませんとなるラインを指したものです。太陽光発電 天候

だから、極端に言うと弁済が全くできない方でも、その条件に該当する人はお金の免責が受理されないような場合もあるということです。アトピスマイル 口コミ

ですので自己破産手続きを出して、債務の免除を得ようとする人にとっては最後にして最大の難関がつまるところの「免責不許可事由」ということなのです。ピューレパール

次は主となる不許可事由を列挙したものです。化粧水 スプレー

※浪費やギャンブルなどで著しく財を乱用したり巨額の債務を負担したとき。外壁塗装 塗料 相場

※破産財団となる相続財産を明らかにしなかったり、壊したり、債権を持つものに不利益に売却したとき。人気があるアリシアクリニックの鼻下脱毛

※破産財団の負担を虚偽に多くした場合。ロスミンローヤル 口コミ

※破産手続きの原因があるのにそれらの貸方に特別となる有利となるものを与える意図で資産を譲渡したり弁済期の前に借金を弁済した場合。よみうりランドプール 日焼け止め 禁止

※もうすでに返済不能の状態にあるのに、現状を偽って債権者を信じ込ませて上乗せして借金を借り入れたり、カードにより商品を購入したとき。ロスミンローヤル 通販

※ニセの債権者名簿を公的機関に提出した場合。吹き付けタイル 種類 価格

※債務免除の申し立てから過去7年間に返済の免責を受けていた場合。

※破産法のいう破産宣告者の義務に違反した場合。

これらの8条件にあてはまらないことが免除の要件と言えますがこの内容で実際の事例を想定するのは特別な経験の蓄積がないならハードルが高いのではないでしょうか。

さらに、頭が痛いことに浪費やギャンブル「など」と記載されていることによって想像できますがギャンブルはただ例としてのひとつにすぎずギャンブル以外にも言及していない条件が山ほどあるということです。

例として書いていない条件はさまざまな場合のことを書いていくと限度がなくなり実際例として書ききれなくなるものや以前に残されている裁判に照らしたものが考えられるので各ケースがその事由に当たるかどうかは専門家でない人には判断が難しいことがほとんどです。

いっぽうで、この事由になるものとは思ってもみなかった時でもこの判決が一度でも出されてしまえば、裁定が変えられることはなく債務が消えないだけでなく破産者であるゆえの社会的立場を7年にわたり負うことを強要されるのです。

だから、この絶対に避けたい結果を防ぐために、破産手続きを考えている段階において判断ができない点や難しい点があるときは、ぜひとも専門家に相談してみて欲しいと思います。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.batugaitezen.com All Rights Reserved.